億スキャFX

億スキャFX無裁量チャート検証 2020年10月14日(水)

無裁量トレードルール

※億スキャFXを個人の見解により検証しているものであり、正確性を保証するものではありません。
※パーフェクトオーダーツールとマルチタイムスコープの色は【買いの場合は青色】【売りの場合は赤色】に変更しています。

買いエントリー
上位足のマルチタイムスコープの色が2つ以上青色の時に、5分足パーフェクトオーダーツールが青色で確定し、次の足の始値でエントリーします。

また、買いサインが出た時にローソク足が陰線だった場合は陽線が出てくるまでエントリーせず、陽線が確定した足の次の始値でエントリーする事にします。

売りエントリー
上位足のマルチタイムスコープの色が2つ以上赤色の時に、5分足パーフェクトオーダーツールが赤色で確定し、次の足の始値でエントリーします。

また、売りサインが出た時にローソク足が陽線だった場合は陰線が出てくるまでエントリーせず、陰線が確定した足の次の始値でエントリーする事にします。

決済
5分足のパーフェクトオーダーツールの色が黄色で確定した次の足の始値でする事にします。※黄色サインが確定した時点でエントリーした所から5Pips以内の値動きの時は継続保有します。

損切り
①買いエントリーの場合、5分足のパーフェクトオーダーツールが赤色で確定した次の足の始値で損切り
②売りエントリーの場合、5分足のパーフェクトオーダーツールが青色で確定した次の足の始値で損切り
③5分足ツールが黄色に変わり、エントリーからー5Pipsを越えて足が確定した時

 

購入者限定ページではユーロ円・ポンド円のチャートを裁量判断を用いて勝率を高めた手法で解説しています

 

ユーロ円

16時~24時

億スキャFX

昨日からの下落トレンドの影響でマルチタイムスコープは1日中、赤色を示しています。
(デフォルトの設定では青色です)

大きくトレンドが出た後は一旦はレンジになる事が多いので、メインサインが出てもエントリー根拠が見つかるまでは(レジサポラインへの戻しなど)場面を待つようにすると損切りになってもダメージが少ないと思います。

FXは確率論なので優位性がある場面でも負ける事があります。
その時に損失を限定する事が重要になりますので、引きつけてからエントリーするようにすると損切りになったとしてもトータルでは利益が残るようになっていきます。

サインが出てすぐにエントリーした方が利益になる場面もありますが、高値掴み・安値掴みのエントリーは精神的につらいと思いますので、サインにプラスして他の根拠を見つけてからエントリーするようにすると損失を限定する事ができ、(根拠にしたものを逆抜けしたら損切りする)精神的に負荷の少ないトレードができると思います。

 

 

ポンド円

16時~24時

億スキャFX

トレンドの転換を上手く捉えたサインが出ました。
5分足ツールが黄色になるまで保有する場合は大きく利を伸ばせますが、長く持つのが精神的に厳しい場合は直近高値・安値で利確するスタイルで良いと思います。

 

 

まとめ

 

トレード成績 収支
ユーロ円  3戦1勝2敗  -2Pips
ポンド円  1戦1勝  67Pips

 

裁量判断を入れた場合(購入者ページで解説しています)

トレード成績 収支
ユーロ円  2戦1勝1敗  ±0Pips
ポンド円  ノートレード

 

 

-億スキャFX

Copyright© のぶFXブログ , 2022 All Rights Reserved.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。